[PR]

 トランプ次期米大統領は5日のツイートで、トヨタ自動車がメキシコで計画している新工場について「米国に工場を建てるか、国境で高い税金を払え」と名指しで批判した。米自動車大手フォードなど米国企業に工場移転をやめるよう求めて来たトランプ氏だが、大統領選後初めて日本企業にも矛先を向けた。

 トランプ氏は「トヨタはメキシコのバハ(カリフォルニア半島)に米国向けのカローラを作る工場を建てると発表した。とんでもない!」とツイートした。トランプ氏は選挙中は建機大手コマツなどを批判していたが、当選後に日本企業を個別に批判するのは初めて。

 トヨタは2015年4月、メキシコ中部のグアナフアト州にカローラを生産する工場を約10億ドル(1160億円)かけて新設すると発表した。トヨタは昨年9月、米国カリフォルニア州との国境に近いバハ・カリフォルニア州のティフアナにある工場を増強し、ピックアップトラック「タコマ」の生産を増やす方針を発表しており、トランプ氏は二つの工場を混同したとみられる。

 トヨタの豊田章男社長は5日、自社のメキシコ工場での増産計画について「現段階では変更はないが、新大統領の決断などを見ながら判断していく」と語った。この発言は外国メディアも広く報じており、トランプ氏が反応した可能性がある。(ワシントン=五十嵐大介