[PR]

 7月の任期満了に伴う東京都議選で候補者擁立をめざしている小池百合子都知事は6日、公明党都本部の賀詞交換会で、「7月まで一滴もお酒を飲まない。お酒を断って次の都民の戦いに備えていく」と述べ、断酒をして都議選に臨む考えを示した。

 都議会では、小池氏と連携する公明と、小池氏に反発する自民との対立が先鋭化している。小池氏は「都議会では公明のサポートを得て『東京大改革』に歩みを進めている。7月はいよいよ戦い。共通項を確実なものにしていきたい」と、公明に都議選での協力を呼びかけた。(末崎毅)