[PR]

 湖北地方の新春を彩る長浜盆梅展が7日、長浜市港町の旧迎賓施設・慶雲館で始まった。訪れた人たちが咲き始めた花と香りを楽しんでいた。3月12日まで。

 会場には、主催の長浜観光協会が管理する約300鉢の中から約90鉢が展示されている。協会によると、冷え込みが続いた後に気温が急に高くなった影響で、例年に比べて開花は10日ほど早いといい、すでに5分咲きとなった梅も。観賞した長浜市平方町の主婦居川浪子さん(62)は「つぼみの中にちらほら咲いているのが、すごくきれい。漂ってきた梅の香りもよかった」と話した。

 期間中、開花状況などに応じて鉢を入れ替えるという。観覧時間は午前9時~午後5時。2月4日~3月5日の土、日曜と2月13、14日はライトアップして、午後8時半まで延長する。大人500円、小中学生200円。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら