【動画】今年の「福男選び」で一番福を手にしたのは、専修大3年の鈴木隆司さん=朝日放送提供
[PR]

 全国のえびす神社の総本社にあたる西宮神社(兵庫県西宮市)で10日、本殿への参拝一番乗りを目指す「福男選び」があった。十日えびすにあわせた恒例の神事で、午前6時の開門と同時に約5千人の参加者が約230メートルの参道を全力で駆け抜けた。

 序盤から先頭に躍り出て一番福を手にしたのは、岩手県出身で川崎市に住む専修大3年の鈴木隆司さん(21)。中学時代に経験した東日本大震災を振り返り、「この福を親友たちがいる被災地に分けてあげたい」と話した。

 二番福は兵庫県三田市の消防士、渡部涼さん(24)。祖母が西宮市で営むたこ焼き店の繁盛を願い、「ばあちゃん、これから忙しくなるで」と笑顔で一言。三番福は県立西宮南高校1年の小野陽之さん(16)=西宮市。一緒に訪れた陸上部の友達は事前のくじ引きではるか後方からのスタートとなったが、仲間の思いも背負って走り、好結果をもぎとった。(森田貴之、宮武努)