[PR]

 商売繁盛の神様として知られる十日恵比須神社(福岡市博多区)で9日、博多券番の芸妓(げいぎ)衆が開運などを願ってお参りする恒例の「かち詣(まい)り」があった。商都博多の風物詩となっている正月大祭の呼び物の一つで、大勢の参拝客がカメラを向けた。

 博多古謡を伝承する「博多那能津(なのつ)会」が三味線や笛、太鼓を奏でながら先導。紋付き正装で稲穂のかんざしを挿した芸妓らが、あでやかに練り歩いた。(貞松慎二郎