[PR]

 トランプ次期米大統領は9日、中国のネット通販最大手「アリババグループ」の馬雲(ジャック・マー)会長と、ニューヨークのトランプ・タワーで会談した。米メディアによると、馬氏は同社の事業を通じ、今後5年間で100万人規模の雇用を米国で創出する計画を伝えたという。

 馬氏は、米国の小規模な事業者がアリババのネット通販事業を通じ、農産物や衣料品などの商品を中国やアジアに販売することで、雇用創出につなげることができるという持論を表明。トランプ氏は「すばらしい会談だった。彼(馬氏)は世界で最も偉大な事業家の一人だ」と語った。

 トランプ氏はこれまで、中国からの輸入品に高い関税を課すと主張するなど、厳しい姿勢を示してきた。馬氏は会談後、「米中両国はもっと友好的な関係になるべきだ」と述べた。

 海外のIT関連の大企業経営者がトランプ氏と会談するのは、ソフトバンクグループの孫正義社長以来とみられる。(デトロイト=畑中徹)