福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けて不登校になった問題で、生徒の両親が10日、林文子市長に対し、ゲームセンターで遊ぶ金など総額約150万円を同級生らに支払わされたことについて、「いじめ」と認定するように求める所見を代理人を通じて提出した。

 生徒は意見書で、「またいじめが始まると思って、何もできずにただ怖くて仕方なくて、お金を出した」などと思いをつづった。

 代理人の弁護士によると、生徒は「(原発事故の)賠償金をもらってるだろう」などと言われ、何度も金を払わされた。問題を調査した第三者委員会は、支払いはいじめから逃れるためだったと推察できるとしながらも、「おごりおごられ行為」として「いじめ」とは認定しなかった。

 両親も意見書を出し、「今後、同じようなケースが発生した場合のためにも、うやむやに終わらせるつもりはありません」と再検証を求めた。(大森浩司)