[PR]

 安倍晋三首相は10日、首相官邸で福島県の内堀雅雄知事の表敬を受け、同県特産の「あんぽ柿」を贈られた。だいだい色の大きな実を試食した首相は「ジューシー。ビタミンCやカロテン、ポリフェノールも入っている。体にもよい、お酒の後ね」と満面の笑み。「サプリ(メント)を飲むより、あんぽ柿だ」とも語った。

 あんぽ柿は、東京電力福島第一原発事故後の2年間、生産の自粛に追い込まれ、13年に出荷を再開した「復興のシンボル」。内堀知事から、出荷量が事故前の8割ほどに回復していると聞いた首相は「10割を超えていくように応援したい」と応じた。