写真・図版
[PR]

 離乳初期から少量の卵を食べることで、卵アレルギーを予防できるという研究結果を国立成育医療研究センターが発表した。子どもが卵アレルギーになるのを防ぎたい親にとって朗報だ。家庭で実践する際は自己流ではなく、専門医に相談することが重要という。

■アトピー治療と並行

 研究はアトピー性皮膚炎がある赤ちゃんが対象で、記者の娘(4)も参加した。

 娘は生後3カ月ごろから、アトピーの症状が出始めた。それが一気に悪化したのは1カ月後。錦糸卵入りのちらしずしでひな祭りを祝った翌日だった。近くの病院に行くと「母乳に含まれる卵が原因かもしれない」と、卵入りの食事を一切避けるよう言われた。だが改善せず、同センターでの研究を知り、参加した。

 診察室で黄色い粉末入りのパックを渡された。卵が入っているのか、プラセボ(偽物)のカボチャなのか、主治医にも親にもわからない。毎晩、離乳食のおかゆに混ぜて食べさせた。同時に全身にステロイドを塗るアトピーの治療も始め、すぐに皮膚はつるつるになった。

 1歳の誕生日を迎えた直後、入院してゆで卵2分の1個にあたる粉末を食べる負荷試験を受けた。症状は出ず、試験は終了した。

 それから約2年後、センターから手紙が届き、娘が毎日食べていたのはカボチャの粉末だと知った。狐につままれたような思いがしたが、幸い娘の肌は安定し、卵も好きだ。

 食物アレルギーの予防は長らく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら