[PR]

 愛知県岡崎市の新東名高速上り線で昨年10月、故障で路肩に止まっていたバスに大型トラックが追突し、バスの運転手2人が死亡した事故で、愛知県警は11日、バスを運行する中央交通バス(大阪市)と、同社の整備責任者(58)、死亡した運転手2人を道路交通法違反(整備不良)の疑いで書類送検し、発表した。整備責任者は「安易な判断をしてしまった」と容疑を認めているという。

 県警によると、整備責任者は昨年10月2日午前0時ごろ、滋賀県でバス後輪の部品が外れたとの連絡を運転手から受け、修理を指示。運転手2人は針金で修理し、そのまま運転を続けた疑いがある。

 バスは同日午前2時過ぎ、岡崎市の新東名高速で右側後輪のエアブレーキが故障し、路肩に停車した。県警は、外れた部品が走行中にエアブレーキの配管に接触したとみている。

 追突事故時、バスの外にいた運…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら