もりたなるおさん(作家、本名森田成男〈もりた・しげお〉)が昨年11月21日、肺炎で死去、90歳。葬儀は親族で行った。

 「山を貫く」で新田次郎文学賞を受けたほか、「真贋の構図」「大空襲」「銃殺」などが直木賞候補に選ばれた。