[PR]

 生後2カ月の長女に暴行を加えて死なせたとして、沖縄県警は11日、那覇市松山2丁目の無職新垣南容疑者(29)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。「殴ってしまった」と容疑の一部を認めているという。

 宜野湾署によると、新垣容疑者は2015年11月16日午後から17日朝の間に、当時住んでいた宜野湾市内の団地で長位陽菜ちゃん(0)に暴行を加え、外傷性脳腫脹(しゅちょう)で死なせた疑いがある。17日朝に「子供が息をしていない」と新垣容疑者が119番通報し、陽菜ちゃんは病院に運ばれたが、死亡が確認された。頭部に皮下出血が認められたことなどから、専門医らの分析などで暴行によるけがと判断したという。新垣容疑者は夫(当時)と別居中で、陽菜ちゃんと2人暮らしだったという。(小山謙太郎)