[PR]

 将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が12日、公式戦出場の史上最年長記録(77歳0カ月)を更新した。プロ入りから約63年になる大ベテランで、数々のタイトルを獲得してきた名棋士。一方、この日敗れると引退が決まる恐れがあり、現役を続けられるかどうかの瀬戸際に立たされている。

 午前10時。記録係が対局開始を告げると、先手番の加藤はすぐに力強い手つきで初手を指した。若手の石田直裕四段(28)との一戦は、加藤が最も得意とする相矢倉の戦いに。休憩をはさみ、夜までに決着する見込みだ。

 現行規定でのこれまでの公式戦出場最年長記録は、2年前に95歳で亡くなった丸田祐三九段の76歳11カ月。今月1日に77歳になった加藤は21年ぶりに記録を更新した。対局前日、加藤は取材に「一度の不戦敗もなく、常に心を躍らせながら盤面に向かい、全力で闘い抜いて来られたことは誇り」とコメントした。

 1954年、当時の史上最年少記録(14歳7カ月)でプロ入り。名人などタイトルを通算8期獲得した。対局数(2497局)と敗戦数(1172敗)は歴代1位だ。昨年12月には、加藤の最年少記録を抜いて10月に14歳2カ月で棋士になった藤井聡太四段と対戦し、話題になった。

 「対局の時は昼も夜もうな重を注文」など、個性的な「伝説」は枚挙にいとまがない。「ひふみん」の愛称で知られ、民放バラエティー番組にも度々出演している。気合十分の対局姿勢は70代の今も変わらない。

 還暦を過ぎてからも、名人挑戦権を争う順位戦の最上位「A級」の座を守っていたが、近年は成績が振るわない。今は最も下のクラスのC級2組に在籍。同組は各自10局戦って成績を競う。今期は51人のうち下位10人に「降級点」がつく。既に降級点が二つついている加藤は、三つ目がつくと規定により引退を余儀なくされる。

 1勝6敗で迎えたこの日の対局…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも