[PR]

 トランプ次期米大統領が大統領選後初めて開き、昨年7月以来となった11日の記者会見は、選挙中からメディア批判を展開したトランプ氏と米メディアの激しい激突の場となった。

 「始める前に、(米ネットメディアの)バズフィードが昨晩報じた内容について数点触れたい」

 会見の予定時間を10分ほど過ぎた11日午前11時(日本時間12日午前1時)過ぎ、次期政権でホワイトハウスの広報担当となるショーン・スパイサー氏がトランプ氏よりも先にマイクを握って切り出した。

 スパイサー氏は「選挙戦で次期大統領に対し、あからさまに敵対的だった左翼ブログが、とてもわいせつで完全に間違った情報を就任数日前に報じることは、率直に言って常軌を逸しており、無責任だ。クリック欲しさの哀れな試みだ」と痛烈な言葉で批判した。

 記者会見前日の10日夜、米ネットメディア「バズフィード」とCNNテレビが、ロシアがトランプ氏に関して不名誉な情報を持っている可能性を米情報機関がトランプ氏に伝えた、と報じた。

 特にバズフィードは「疑惑は確…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら