[PR]

 緊張した時などに脳内に分泌されるノルアドレナリンという物質は、物を見分ける能力を高めることを、大阪大の研究チームがラットの実験で発見した。

 緊張したり集中したりすると分泌されるノルアドレナリンは、出過ぎると「あがり」の状態になるが、適量なら活動量を高めると考えられている。

 研究チームは、ノルアドレナリンが作用するのに必要な脳内の3種の受容体をそれぞれ働かなくさせる薬をラットに与え、白黒模様の明暗を見分ける能力の変化を調べた。3種のうち「β」というタイプの受容体を働かなくさせる薬を与えた場合だけ、見分ける能力が低下。ノルアドレナリンはこの受容体に作用して明暗を見分ける能力を高めていたと考えられるという。

 明暗を見分ける能力が高まると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら