[PR]

 冬型の気圧配置が強まっているとして、気象庁は12日、北日本や東日本の日本海側を中心に大雪や高波への警戒を呼びかけた。14~15日には再び強い寒気が流れ込む見込みで、北日本から西日本では日本海側を中心に積雪が増え、太平洋側の平地でも局地的に大雪になる恐れがあるとみている。

 気象庁によると、13日は北日本の寒気がいったん弱まるが、14~15日に北日本の上空約5千メートルに零下42度以下、東日本と西日本にも零下30度以下の強い寒気が流れ込む見通しだ。東日本と西日本でみれば、数年に一度の寒気だという。

 14、15日は大学入試センター試験もあり、「電車やバスの乱れが予想されるので、時間に余裕を持って早めに行動してほしい」と呼びかけている。

 13日夕までの24時間降雪量は、北陸の多いところで80センチ、東北で70センチ、東海で60センチ、関東甲信で40センチ、北海道、近畿で30センチ、中国で20センチと予想されている。