[PR]

 将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が、史上最年長の対局記録を更新した12日の対局で敗れた。加藤九段は終局後、取材に対し、次のように語った。

――今日の将棋について。

 以前、森内俊之九段と指した将棋になった。随分、出なかった形で、うまい作戦をやられたかもしれない。

――史上最年長の対局だった。

 元気で対局できたことには感謝したい。当たり前ではないと言えば、当たり前ではないこと。元気で戦ってきたことについては良かった。

――今後について。

 今日は負けたが、意欲を持って歩んでいきたい。まだ対局できる健康体。これからも将棋を中心に活躍していきたい。自分としては、対局しても疲労困憊(こんぱい)になるということはない。しかし、残念ながら結果がついてこない。

――順位戦は今日の敗戦で1勝7敗となった。

 現実はよく認識して戦ってきた。全力で戦ってきた結果。全力投球してきた結果。これからも私が生きる上での気持ちは変わるが、新しい意欲を持って人生の旅路を歩んでいきたい。(村瀬信也