[PR]

 37歳、本職は用具係のマネジャー。それが突然、北米アイスホッケーリーグ(NHL)のハリケーンズのゴールキーパー(GK)として公式戦にデビューした。

 先月31日の敵地ライトニング戦。体調不良でベンチ入りできない控えのGKに代わり、万が一の事態に備え、用具係のジョージ・アルベスさんは試合開始約2時間前に契約した。契約金は500ドル(約5万8千円)で、急きょ名前入りのユニホームも支給された。

 1―3でほぼ負けが確定していた試合終了間際、チームが粋な演出をしてくれた。残り7・6秒から出場。シュートを1本も受けなかったが、アルベスさんは年が明けても、「思い出すと、こみあげてくるものがある」と涙ぐみながら、地元メディアに語っている。米マサチューセッツ州ボストン出身で、NHLのマイナーでプレー。引退後、ハリケーンズの用具係として働き、約5年前に今のマネジャー職に就いた。

 あこがれの舞台に立てたのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら