[PR]

■Re:お答えします

《質問》将棋が大好きで、記事を毎日スクラップしています。将棋の記者も、朝日新聞の普通の記者なんですか? どのくらいの腕前なのかも知りたいです。僕のような将棋ファンも参加できるイベントはありますか?(東京都 小学6年 11歳)

《回答》私も中学生の時、新聞の将棋の観戦記をスクラップしていました。今も同じように将棋の記事を楽しみにしている小学生がいて、うれしく思います。

 朝日新聞には、将棋の取材を専門に担当する記者がいます。主催している名人戦や、その挑戦者を決める順位戦、朝日杯将棋オープン戦を取材し、記事を書くのが主な仕事です。最近は、プロに勝つほど強くなったコンピューター将棋や、史上最年少でプロになった14歳の藤井聡太四段など、取り上げる話題が増えています。将棋担当になる前は、事件や選挙などの取材もしていました。

 毎日掲載されている観戦記は担当記者だけでなく、委託している外部の観戦記者も書いています。観戦する際は指し手以外にも、棋士の表情やしぐさを観察するのが大切です。和室なので、なるべく正座をするように心がけていますが、足がしびれてくるので大変です。対局は通常、午前10時に始まりますが、終わる頃には日付が変わっていることも珍しくありません。

 プロの対局は素人には理解でき…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら