[PR]

 フランスの右翼・国民戦線(FN)のルペン党首が12日、ニューヨークのトランプ・タワーを訪れた。今春の仏大統領選に向け、トランプ次期米大統領と連携を模索している可能性はあるが、米政権移行チーム、ルペン氏側の双方は面会を否定している。

 ルペン氏はこれまでトランプ氏への支持を公言。トランプ氏が当選した際は、「エリートによる政治が罰を受けたのだ」と祝福した。仏大統領選に向け、ルペン氏は反移民、反エリートを掲げて支持を広げており、決選投票進出が有力視されている。

 ただ、米政権移行チームはルペン氏の来訪に際して記者団に「(ルペン氏は)我々のチームの誰とも面会は予定されていない」とした。AFP通信によると、FN副党首でルペン氏のパートナーのアリオ氏は「個人的な訪問で声明は出さない」とした。(ワシントン=杉山正)