[PR]

 米政府は12日、社会主義国キューバからの移民を特別扱いしてきた政策を変更すると発表した。米国はこれまで、亡命を促すために、キューバ人を海で見つければ強制送還するが、上陸すれば入国を認める「ウェット・フット・ドライ・フット(ぬれた足、乾いた足)政策」を過去20年以上続けてきた。

 オバマ大統領は同日、「今後、不法に米国に入ろうとするキューバ人は、他の国々の移民と同じように送還される」などとする声明を出した。

 「ぬれた足政策」では、入国を認めた人に職場や食事の世話をし、米国に1年住めば永住権を与えてきた。またスポーツ選手や医者に対しては、ビザなしでも特別に滞在できる受け入れ策をとってきた。

 だが一昨年に国交を回復したキューバは、国交正常化交渉で、こうした政策の変更を求めていた。人材流出を恐れたためだ。

 2014年12月に国交正常化…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら