[PR]

 福岡県大川市の市立川口小学校で13日午前9時40分ごろ、運動場で体育の授業中だった4年生の梅崎晴翔(はると)君(10)=同市一木=が、倒れたハンドボール用のゴール(高さ約2メートル、幅約3メートル)の下敷きになった。県警筑後署によると、梅崎君はドクターヘリで同県久留米市の病院に運ばれたが、午後1時55分ごろ死亡が確認された。

 市教育委員会は記者会見を開き、倒れたゴールを固定していなかった過失を認め、謝罪した。

 署や市教委によると、梅崎君がサッカーのゴールキーパーをしていた際、ゴールのネットにぶらさがってバランスを崩して落ちた。直後にゴールが倒れ、首と肩の上に乗った状態になったという。

 市教委によると、授業に使うゴール四つのうち、事故が起きたゴールだけ固定されていなかった。本来は地面の杭にロープで結びつけて固定しているはずだったが、ロープが切れていたという。学校は昨年10月に安全点検したが、このゴールが当時固定されていたかは不明という。

 文部科学省は2013年、ゴールが倒れてけがなどをする事故を防ぐため、学校に安全点検するよう通知。会見した記伊哲也・市教育長はロープで杭に固定されていなかったことがゴールが倒れた原因と認め、「学校が安全点検をするのに、それができておらず大変に遺憾だ」と謝罪した。(上田真仁)