[PR]

 東京商工リサーチが13日発表した2016年の全国の企業倒産件数(負債額1千万円以上)は8446件で、前年より4・1%減った。減少は8年連続で、1990年(6468件)以来の低水準。負債総額は2兆61億円となり、前年を5・0%下回った。

 上場企業の倒産は2年ぶりにゼロだった。負債額10億円以上の大型倒産は前年比22・6%減の235件で、89年(166件)以来の少なさだった。倒産件数の減少傾向は、金融機関が中小企業の返済の先延ばしに応じていることなどが理由という。

 地域別では、関東と近畿が7年連続、中国も5年連続で前年を下回った。一方、東北は3年ぶりに増加に転じた。建設業や製造業が増加傾向にあり、東京商工リサーチは「復興需要が一巡し、経済状況が変わりつつある可能性がある」とみている。