[PR]

 フィリピンを訪問中の安倍晋三首相は13日、南部ミンダナオ島のダバオ市を訪れ、ドゥテルテ大統領と前日に続いて2度目の会談を行った。ドゥテルテ氏は米国との同盟関係の重要性に言及。トランプ次期米政権についても意見を交わした。同市はドゥテルテ氏の地元。首相は私邸にも招かれ、ともに親密さをアピールした。

 ダバオ市はドゥテルテ氏が計20年以上にわたって市長を務めた地で、ドゥテルテ氏の大統領就任以降、公式訪問した外国首脳は安倍首相が初めて。会談は市内のホテルで約30分間行われた。日本側の説明によると、両首脳は米国のアジアでの存在感について意見交換。ドゥテルテ氏は米比同盟の重要性に触れ「米比の協力を継続していく」と述べた。

 これに対して、首相は「アジアの平和と繁栄を確保していく上で米国の関与が不可欠で、フィリピンとも連携したい」と語った。ドゥテルテ氏がトランプ氏と昨年12月上旬に電話で協議したことにも触れ、「生産的なやりとりが行われたと承知しており、歓迎する」と伝えた。

 ドゥテルテ氏は多くの容疑者を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら