【動画】天井裏点検のための探査ロボット「CHERI(シェリ)」=伊勢剛撮影
[PR]

 天井裏の点検をするために小型で遠隔操作できる探査ロボットのシステムを、千葉工業大学(習志野市)と大成建設(東京都新宿区)が共同で開発し、13日に都内で発表した。東京電力福島第一原発の復旧現場などで使われてきたロボットを重量10分の1に軽量化し、高さ10センチ程度の隙間でも通り抜けられるという。

 千葉工大と大成建設によると、近年の地震で天井仕上げ材の崩落事故が起きたことなどから、天井裏を含む耐震性診断や劣化調査などのニーズは高まっている。だが、天井裏は狭く暗い上に人の重さに耐えられないことも多い。点検口から目視できないところは、足場をつくったり、天井板を取り外したりしなければ点検できなかったという。

 今回開発したロボット「CHERI(シェリ)」は全長35センチ、幅25センチ、高さ9センチ、重さ4・5キロ。ベースとなった原発の復旧現場で使われているロボットと比べると、全長、幅はそれぞれ約半分となった。前方に付けたカメラで撮影しながら、無線LANを使った遠隔操作で移動する。カメラは向きや高さを変えることもできる。15センチ程度の段差は乗り越えることができるため、天井の野縁や配線などがあっても移動が可能で、目視で見えなかった場所も詳しく点検できるようになる。

 コントローラーはゲーム機のよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら