[PR]

 自動車部品メーカー、タカタのエアバッグの欠陥問題で、米ミシガン州の連邦大陪審が同社の元幹部ら3人を詐欺罪で起訴していたことが13日、分かった。米国だけで関連事故で11人の死者が出た問題は、関係者の刑事訴追に発展した。

 起訴状によると、3人は、同社のエアバッグに欠陥があることを知りながら、製品を販売するために虚偽の報告書を顧客メーカーに示したという。

 米メディアによると、米司法省は13日にも、タカタが刑事上の責任を認め、10億ドル(約1150億円)の罰金を支払うことで合意したと発表する模様。タカタはすでに米運輸省と最大2億ドルの民事制裁金の支払いで合意している。

 司法省は、同社が以前から問題…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら