[PR]

 大相撲初場所7日目の14日、西横綱日馬富士(32)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が日本相撲協会に休場届を提出した。5日目の隠岐の海戦で右太もも裏を痛め、病院で診察を受けた。6日目は強行出場して玉鷲を破ったが、取組後、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と話し合って休場を決めたという。日馬富士の休場は2015年秋場所以来。7日目の対戦相手の勢は不戦勝となる。

 伊勢ケ浜親方は14日朝、「まともに歩けないし、四股が踏めない。良くなれば、後半から出たいくらいの気持ちは持っている」と話した。