[PR]

(14日、ラグビートップリーグ)

 悲願の初優勝は果たせなかったが、最終戦を勝利で飾ったヤマハ発動機に、確かな手応えが残った。

 光ったのは安定感のある防御だ。隙なく、しつこく、全員で前に出てボールに絡んだ。清宮監督は「今日は、どうぞ、何分でも攻めて下さい、という感じだった」と堅固な守りを表現した。後半は攻め手がなくなった相手がパスミス。それを狙って矢富、伊東の連続トライで突き放した。

 次は日本選手権。リーグ戦でサントリーとの全勝対決に敗れた悔しさは全員の胸の中にある。充実した試合内容に清宮監督は「サントリーには優勝おめでとうと言いたい。でも、まだ(シーズンは)終わっていない。ここからです」。不敵な笑みを浮かべた。

こんなニュースも