[PR]

 湖魚食のブランド「琵琶湖八珍」を中心に、琵琶湖の魚料理を紹介する本が刊行された。著者大沼芳幸さん(62)は「湖魚を楽しむための百科事典的な本に仕上がった。食から、たくさんの魚がすめるきれいな湖に、と関心を広げてほしい」と話している。

 琵琶湖八珍は、大沼さんが県立安土城考古博物館の副館長だった2013年、館の特別展で湖魚料理の人気投票を経て決まった。ビワマス、コアユ、ニゴロブナ、ホンモロコ、ハス、イサザ、ゴリ(ウロリ)、スジエビの8種。県も15年度からブランド化に取り組んでいる。

 本の題名は「琵琶湖八珍―湖魚の宴(うたげ) 絶品メニュー」。八珍のほかにも、琵琶湖に生息するコイやウグイなどを「裏八珍」、ブラックバスなどを「他所(よそ)者の魚」としてそれぞれ紹介。計20種の270メニュー全てに作り方や写真、料理に合うお酒の情報を添えた。

 エビ豆などの伝統料理のほか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら