[PR]

 14日午後3時50分ごろ、岐阜県飛驒市内のJR高山線を走行していた名古屋発富山行き下り特急列車「ワイドビューひだ」(3両編成、乗客約70人)の2両目に乗っていた乗客から、「焦げ臭いにおいがする」と申し出があった。車掌が車内で煙を確認したため、列車は坂上駅(同市宮川町)で運転をやめ、乗客は後続の電車に乗り換えた。

 JR東海によると、現場で火などは確認されず、煙の発生源は不明だという。また、車両の点検でも異常はみられないという。上下2本に遅れが出て、計約190人に影響が出た。