[PR]

 秩父を舞台にした人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(愛称・あの花)で、メインキャラクターたちが集まる寺として登場した実正山「定林寺(じょうりんじ)」(秩父市桜木町)。アニメゆかりの「聖地」としてテレビ放送から5年経った今も若い参拝客が絶えない。キャラたちが描かれた絵馬の売り上げはピンチだった寺の運営も支えている。

 室町時代にはすでに創建されていたとされる秩父市の古刹(こさつ)・定林寺は今、畑と住宅に囲まれ、ひっそりとたたずんでいた。秩父札所34カ所の一つだが、週末になると20代を中心としたアニメファンが訪れる。

 アニメの放送前、「訪れる人は約20年前の10分の1に減っていた」と、定林寺の世話人で総代を務める島崎勇さん(80)は寺の様子を話す。札所をめぐる巡礼者が訪れてはいたが、中高年が中心で、その数も減る一方だったという。

 転機がやってきたのは2011…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら