[PR]

■安治川の仏頭

 運転中は、絶対に見ない方がいい。大阪市港区の国道43号。安治川大橋の上から東側を見ていると、不思議な光景が飛び込んでくる。

 クリーム色の大きな建物。壁の四角い空間から、大仏様の顔がひょこりとのぞいている。散歩中に見つけた記者は、思わず「えぇっ!?」と声が出た。「なんでこんなところに……」「体は壁に隠れているのか……」「いつからここにあるんだろう……」。さまざまな疑問が、一気に頭のなかを駆け巡った。

 大仏様がいらっしゃるのは、安治川沿いにたつ「安治川コールウェアハウス」というビルの屋上だ。宗教施設かと思いきや、港湾関係の会社が入る普通の建物。大仏様に胴体はなく、頭だけが置かれている。

 取材を進めると、この大仏様、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも