[PR]

 顔を見たこともない。でも、忘れることはない。22歳で阪神大震災を経験した藤江徹(いたる)さん(44)=大阪市=には、そんな存在の人がいる。

 当時は神戸大の4年生。神戸市灘区で、友人が住む木造アパートに向かった。友人は無事だったが、建物は倒壊。下敷きになった神戸大生らしき男性の救助に他の学生とあたった。

 「俺、助かるかな」

 手だけが見える状態の男性がそう話した。

 「絶対、助けたる」

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら