[PR]

 神奈川県小田原市の生活保護を担当する職員らが「保護なめんな」などの文字をプリントしたジャンパーを着用して職務にあたり、生活保護家庭への訪問時に着用することもあった。2007年以来使っていたという。

 ジャンパーは胸のエンブレムに「HOGO NAMENNA(保護なめんな)」や、×印がついた「悪」の字がある。背中には「私たちは正義。不正を見つけたら追及する。私たちをだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはくずだ」と不正受給を批判する内容の英文が記載されている。

 小田原市では07年、生活保護費の支給を打ち切られた男が市職員3人を杖やカッターナイフで負傷させる事件があった。市によると、当時の生活保護担当職員らが事件後、不正受給を許さないというメッセージを盛り込み、このジャンパーを作った。その後、担当になった職員らが自費で購入。現在は28人が所有しているという。

 市は、16日付でジャンパーの使用を禁止。加藤憲一市長は17日、「配慮を欠いた不適切な表現であり、市民の皆様に申し訳なく、おわびします」とのコメントを出した。市は、監督する立場の福祉健康部長ら同部職員7人を厳重注意とした。部を所管する加部裕彦副市長は給与の10分の1を1カ月間辞退する。(村野英一)