[PR]

 米国のトランプ次期大統領の就任直前の支持率が歴史的に低いことが、CNNなどが17日発表した世論調査で分かった。支持率は40%で、8年前のオバマ大統領就任直前の支持率の半分以下を記録。一方、不支持は52%に上り、トランプ政権は出だしから世論の厳しい視線にさらされている。

 CNNなどが今月中旬に実施した世論調査で、トランプ氏の政権移行の対応への評価などを尋ねた。歴代大統領の就任直前の支持率は、オバマ氏が84%、ビル・クリントン元大統領が67%。投票総数では民主党候補が上回ったものの、票の再集計などで勝利したジョージ・W・ブッシュ前大統領でも61%だった。

 通常、政権の初期は「ハネムーン期間」として世論も好意的に受け止める傾向が強い。しかし、トランプ氏は、自分を批判する政治家や俳優らにツイッターで逐一かみつくなど物議をかもしており、初期から世論の「不支持」が上回る異例のスタートとなる。

 昨年11月の勝利以降、「大統領としての能力にあまり信頼を置いていない」と答えた人も、同月の43%から53%に増えた。

 トランプ氏は17日、早速自身のツイッターで「いんちきな選挙調査をした同じ連中がまた、支持率調査を行っている。以前と同じように不正操作だ」と述べた。

 20日に予定される大統領就任式では、トランプ氏の排外主義的発言に反発し、約60人の民主党下院議員が欠席すると表明する異例の事態となっている。(ワシントン=佐藤武嗣