[PR]

 日本将棋連盟は18日、谷川浩司会長(54)が近く辞任すると発表した。将棋ソフトの不正疑惑で混乱を招いたことに対し、責任をとった形だ。この問題以降、谷川会長は体調を崩していたという。

 連盟は19日に臨時の理事会を開き、その場で辞任が正式に承認される見通し。新しい会長が決まるまで務め、その後退く。谷川会長は18日午後、記者会見を開く。また、谷川会長と共に問題の対応に当たっていた島朗(あきら)常務理事(53)も辞任する意向を固めたことがわかった。

 連盟は昨年10月、対局中にソフトを使ったとして不正を指摘された三浦弘行九段(42)を同年末までの出場停止処分にした。しかし、連盟が委嘱した第三者調査委員会は同12月、不正行為の証拠はないと判断。三浦九段が処分に伴い、挑戦者に決まっていた竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)に出場できなかったことなどから、執行部の対応に批判が高まっていた。三浦九段側は自身への補償について連盟と協議している。

 谷川会長は「将棋ファンの皆様、三浦弘行九段に誠意をお伝えするには会長が辞任するのが一番という結論に至った。対応に苦慮する中で心身ともに不調をきたすようになった。このような状況では将棋連盟に迷惑がかかると考えた」とするコメントを発表した。

 谷川会長は、第三者委の報告を受けた12月の会見で「三浦九段につらい思いをさせた。申し訳なく思っている」と謝罪する一方、連盟の対応を第三者委が「やむを得なかった」と判断したことから、「このことで投げ出すわけにはいかない」と続投を表明していた。

 今月17日の渡辺明竜王(32)の就位式で谷川会長は「第三者委の報告を真摯(しんし)に受け止め、将棋界の正常化に努めます」とあいさつした。式が終わったことで一定の区切りがついたと判断し、一連の問題の責任をとったものとみられる。

 谷川会長は1983年に史上最年少の21歳で名人のタイトルを獲得。十七世名人を名乗る資格を持つ。米長邦雄前会長の死去を受けて、12年に会長就任。会長職の傍ら、現役棋士として活躍している。会長任期は今年6月まで。(村瀬信也