[PR]

 深夜に長距離を走る高速バスに最近、ゴージャスな車両が続々と投入されている。完全個室型やイオン発生器常備のタイプも。バブル期などに次ぐ「第3次豪華ブーム」の到来だ。安い、狭い、眠れない、は過去のもの。変化は列車やフェリーでも起きている。

 東京・池袋のバスターミナル。1月19日早朝、前日深夜に大阪を出た高速バスが到着した。関東バス(東京都中野区)と両備ホールディングス(岡山市)が1月18日から共同運行を始めた新型「ドリームスリーパー」。「業界初」と触れ込む完全個室型のバスだ。

 「高速バスで眠れたことがなかったが、今回は熟睡できた」。出張で利用した京都府亀岡市の会社員男性(45)は満足そう。

 車両の中には、扉のついた個室が11室。靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて乗り込む。イスの背もたれは電動で140度まで倒せ、コンセント、無料の公衆無線LAN「Wi―Fi」、イオン発生器などもある。防犯カメラが、各部屋の背中側からの映像を運転席横の画面に映し出す。

 開発を担当した関東バスの新見和則・運輸部営業担当部長は「価格競争から抜け出したかった。訪日外国人の増加で宿がとりにくく、高速バスを宿代わりにできれば、需要があると考えた」。価格は、新幹線代とホテル代を足した金額を念頭に、2万円。やや高い印象だが、金曜の便は3月上旬までほぼ満席だ。

 今年は他にも、豪華バスが相次…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら