[PR]

 19日午後5時45分ごろ、栃木県栃木市藤岡町の渡良瀬遊水地で50代と20代の男性2人が浮いているのを消防が発見した。2人は病院に搬送されたが、ともに死亡が確認された。栃木県警は水難事故と見て、原因を調べている。

 栃木署によると、死亡したのは茨城県守谷市松前台2丁目の会社員橘義則さん(55)と、東京都江東区塩浜2丁目の会社員枝久保卓也さん(25)。渡良瀬遊水地の谷中湖第一貯水池の南側で見つかり、近くでは2~3人乗りのボートが見つかったという。国土交通省利根川上流河川事務所の現地出張所の職員から消防に通報があったという。

 同事務所によると、2人は水質調査装置の保守点検を請け負っている会社の従業員。会社から出張所に「作業員2人と連絡が取れなくなった」と連絡があったという。