[PR]

 ブラジルのサンパウロで16日、日本人男性が強盗に銃で撃たれて殺害される事件があった。地元警察によると、殺害されたのはホンマ・ユタカさん(42)。愛知県豊川市の総合工具メーカー「オーエスジー」によると、同社社員で、昨年3月からブラジルの子会社に出向中の本間裕さんとみられる。犯人は逃走したが、警察はすでに容疑者を特定したとしており、拘束に向けた捜査を急いでいる。

 警察などの情報によると、事件があったのは16日午後2時ごろ。サンパウロ南部の道路で本間さんが運転していた車が停車した際、オートバイに乗った2人組の男が横づけし、窓を開けるよう本間さんを銃で脅迫。本間さんが拒んだところ、撃たれたという。本間さんは両替をした直後だったといい、搬送先の病院で死亡した。

 本間さんの同僚が警察に説明した内容によると、本間さんの家族は日本に住んでおり、ブラジルに身寄りはないという。オーエスジーによると、日本に住む両親が19日、現地に向けて出発した。同社の西郷章裕・人事課長は「特別に危険な場所だったとは聞いていなかった」と話している。

 サンパウロでは、日本人が両替をした直後に、銃を使った強盗被害に遭う事件が相次いでおり、在サンパウロ日本総領事館が注意を呼びかけている。(田村剛