[PR]

 オバマ前大統領は20日、トランプ氏の就任式が終了した後、妻のミシェルさんとともに、ヘリコプターで近くのアンドルーズ空軍基地に移動した。自身を支えてきたスタッフを「これはピリオドではない。続いていく、米国を建設する物語におけるコンマだ」と激励した後、空軍の飛行機で休暇先のカリフォルニア州へと向かった。

 オバマ氏は就任式の前に国民向けのメッセージビデオも公表した。オバマ氏が冒頭で感謝を述べ、一緒に出演したミシェルさんが「まずは、少し休暇を取りたい」と話すと親指を立てて賛意を見せた。ミシェルさんは「ようやく少し睡眠をとり、家族と一緒に過ごし、しばらく静かにしたい」と当面の予定を語った。

 オバマ氏は、政治活動の地盤となってきたシカゴに設ける予定の「オバマ大統領センター」についても触れ、「取り組んでもらいたいアイデアを送って欲しい」と呼びかけた。

 そして、「本当の民主主義は、一人の人間や一人の大統領よりずっと大きい仕事で、私たち全員による継続した取り組みが必要だ。市民として、皆さんと一緒に取り組むことを楽しみにしている」と述べた。

 オバマ夫妻は次女のサーシャさんがワシントンの高校に通っているため、当面は首都にとどまる予定だ。(ワシントン=中井大助