[PR]

(21日、大相撲初場所14日目)

 稀勢の里が勝った3番後、結びの一番。白鵬は初顔の貴ノ岩にいいところなく寄り切られた。「ちょっと差しきれなかったね」。稀勢の里の初優勝に、「そういう強い大関がいてくれてよかったですよね。おめでとう」とたたえた。

 稀勢の里との千秋楽結びの一番は、優勝はかからなくとも、大きな意味を持つ戦いになる。「あした、いい相撲をとるだけですよ」。大横綱は稀勢の里の苦悩の時期にこう言った。「強いものが大関になる。横綱は宿命だ」と。初場所最後の一番が終わり、どんな展開が待っているのか。

こんなニュースも