[PR]

(21日、大相撲初場所14日目)

 大相撲の大関稀勢の里(30)が初優勝を遂げた。大きな期待を背負いながら、なかなか届かなかった悲願。「うれしいです。本当に感謝しかない」。潤んだ右目を、指でぬぐった。

 15歳で角界に飛び込み、新入幕には18歳3カ月という昭和以降2位の若さでたどり着いた稀勢の里。その名を広く知らしめたのは、横綱白鵬の存在だ。2010年九州場所で、双葉山の持つ歴代1位の69連勝をめざした白鵬の連勝を63で止めた。13年名古屋、今度は43連勝でストップさせた。

 昨年1年間で白鵬とは3勝2敗。大横綱と渡り合える力を備えながら、勝負どころで痛い黒星を喫し、賜杯(しはい)を逃してきた。優勝力士に次ぐ成績を残した場所が、大関昇進後で11ある。

 それでも愛される理由を、大相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも