[PR]

(21日、大相撲初場所14日目)

 逸ノ城を破って土俵下に降りた稀勢の里は、いつも通りに呼吸をかみ殺していた。口は固く閉じたまま。肩が軽く揺れた。優勝を意識した取組でも、普段と変わらぬ姿がそこにあった。

 兄弟子の西岩親方(元関脇若の里)が話していた。「息が上がっても、苦しそうな顔を見せないのが旧鳴戸部屋の教え。師匠に『苦しくても、痛くても、そんな格好はするな。うれしいときも喜ぶな。それが侍の心意気』と教えられた」

 稀勢の里らを育てた師匠は元横…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも