[PR]

■井上義久・公明党幹事長

 (犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を変えた「テロ等準備罪」新設について)これまで共謀罪という形で出してきたがいろんな批判もあった。したがって構成要件を厳格化するということで、犯罪的な組織に限定し、計画だけではなくて準備行為まで含めてやった場合に犯罪にすると。その場合でも全てを対象にするのはなかなか国民の理解が得られないので、できるだけテロにどうしても必要な法案に絞ることが重要ではないかと、今協議している。

 懸念はいろいろあるので、組織はどういう組織を指すのか、準備行為とは何なのかという構成要件をこれから明確にしていくことは、当然、法案作成段階で必要なことだ。民進党の理解も得られるのではないかと思っているのでぜひよろしくお願いしたい。(NHKの番組で)