【動画】横綱審議委員会が稀勢の里関の横綱昇進を推挙したことを受け、稀勢の里関が会見=林紗記撮影
[PR]

 日本相撲協会の横綱審議委員会が23日夕、東京・国技館で開かれ、八角理事長(元横綱北勝海)から初場所で初優勝した大関稀勢の里(本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋、30歳)の横綱昇進について諮問を受け、全会一致で「推挙」の答申を出した。これを受けて相撲協会は25日に臨時理事会と番付編成会議を開き、正式に72代横綱が誕生する。日本出身力士の横綱は、1998年夏場所で昇進した3代目若乃花以来、19年ぶり。

 会見した守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は推挙の理由を「今場所を見て、この後も活躍してくれる気がする」と説明。「技量は十分ある。品格の面ももっと磨いて、国民から敬愛される横綱になって欲しい」と期待を込めた。

 決定の電話を受けた稀勢の里は23日午後6時ごろ、東京都内で記者会見した。「グッと、気持ちが引き締まりました」。周囲の支えに何度も感謝を示し、「もっともっと恩返しをできるように強くなりたい」と誓った。

 横綱という地位について「今は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース