「仁義なき戦い」などのヤクザ映画や「名奉行遠山の金さん」などのテレビ時代劇で知られる俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき=本名目黒浩樹〈めぐろ・こうじゅ〉)さんが21日、脳リンパ腫で死去した。74歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 時代劇スター近衛十四郎の長男として生まれる。弟は俳優の目黒祐樹さん。1960年に映画主演デビュー。当初は、市川右太衛門の次男北大路欣也さんとの2世コンビで売り出され、「柳生武芸帳」シリーズでは父と共演するなど時代劇スターの道を歩んでいた。

 一時大映に移ったが、東映に復帰。70年代の東映実録ヤクザ路線で、不敵な雰囲気をたたえた魅力が開花する。深作欣二監督の「仁義なき戦い」(73年)では広島県の暴力団の若頭役。押しが強いながらも、権謀術数を駆使する組長に翻弄(ほんろう)される姿を好演した。同作がシリーズ化されると、「頂上作戦」「完結篇」「新仁義なき戦い」(いずれも74年)に異なる人物の役で出演した。

 深作監督とは「県警対組織暴力」(75年)でも名演を見せた後、「北陸代理戦争」(77年)では主役に抜擢(ばってき)され、汚い抗争に巻き込まれていくヤクザの川田を迫真のリアリティーで演じた。川田のモデルとなった男性が封切り直後に殺されたことで話題になった。

 95年、エグゼクティブプロデューサーとして宮尾登美子原作の「藏」を製作。牧野省三賞を受けている。他の出演作に「真田幸村の謀略」「修羅の群れ」「最後の博徒」「首領になった男」など。

 テレビでは横溝正史原作のNHK「人形佐七捕物帳」(65~66年)が当たり役になる。74年の大河ドラマ「勝海舟」では病気の渡哲也さんに代わって途中から主役の勝海舟を演じた。他に「大江戸捜査網」「名奉行遠山の金さん」などの人気シリーズを持つ。バラエティー「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」では気さくな一面も見せた。釣り好きで知られ、300キロ超の巨大マグロを釣り上げたこともあった。

 俳優の仁科明子(現亜季子)さんと結婚したが離婚。2人の子供である仁科克基さんと仁美さんも芸能界で活動している。

 昨年2月に脳の異常が見つかり、3月から開催予定のコンサートを降板。長期にわたり療養していた。