[PR]

 中国JRバス(広島市)の高速バスが広島から大阪に運行する際、途中の山陽自動車道・福山サービスエリア(SA)で、乗客17人が車内に一時閉じ込められていたことがわかった。20日深夜から21日早朝にかけて、SAで停車中に仮眠した男性運転手(38)が約3時間も「寝坊」したためという。

 同社によると、バスは20日午後8時半にJR呉駅(広島県呉市)を出発、翌日朝に大阪市内に到着する予定だった。20日午後11時半ごろに福山SAに入り、運転手はバスを外側から施錠してトランクルーム横の仮眠室で眠りに就いた。

 運転手の仮眠は約3時間の予定だったが寝過ごし、午前5時40分ごろになって乗客が同社や警察に電話し、助けを求めたという。その後、代わりの運転手がJR福山駅(同県福山市)までバスを運行し、乗客全員が新幹線で大阪方面に向かった。

 バスに乗務していた運転手は1人で、出発前の点呼で体調に異常はなかったが、その後、病院で風邪と診断されたという。社内ルールでは、運転手は仮眠前や出発時に報告することになっていたが、運転手や同社は報告や確認を怠っていたとみられる。同社の担当者は「再発防止に努める」と話している。(小林圭)