[PR]

 宮崎県は24日、木城町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。簡易検査で陽性反応があったという。遺伝子検査などで詳しく調べる。

 県によると、24日午前11時半ごろ、死ぬ鶏が増えていると通報があり、立ち入り検査を実施。午後1時半に簡易検査をしたところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出た。この養鶏場では約6万羽を飼育。隣接する関連養鶏場でも約10万羽を飼っているという。

 宮崎県では昨年12月にも川南町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生。約12万羽が殺処分された。