[PR]

 名古屋市などが後援した2015年の環境啓発イベント「アースデイ」の中で、ストリップショーが屋外の簡易テントで行われていたことが分かった。市は11~16年に後援名義の使用を認めてきたが、市民の指摘を受け今年は後援を中止する方向だ。

 アースデイは、市民団体などによる実行委員会が名古屋市中心部の公園で毎年春に開いている。ストリップショーがあったのは15年5月。「地球秘宝館」をうたった簡易テントの下でプロのストリップダンサーとみられる女性が音楽に合わせて踊りながら、浴衣を脱いで肌を露出していった。当時の様子がネットの動画投稿サイトに投稿され、26日現在も閲覧可能になっている。

 動画によると、女性は胸など体の一部を布などで隠して踊っていた。縄で体を縛るパフォーマンスもしていた。本人とみられるナレーションで、劇場では胸を触ったり写真を撮ったりできると話し、「いつか劇場で会ったときには、楽しんでください」と呼びかけていた。

 市によると、今年のアースデイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら