[PR]

 茨城県龍ケ崎市羽原町の山林で、白い布でくるまれ、首に圧迫されたような痕がある男性の遺体が見つかった。県警は男性が事件に巻き込まれた可能性があるとみて、27日に司法解剖をして死因を調べる。

 遺体で見つかったのは市内に住む山田秀明さん(29)。25日昼、散歩をしていた男性が山林を通る道路近くの草むらで発見した。捜査関係者によると、首の周辺に圧迫されたような痕があったほか、白い布でくるまれ、その上に落ち葉や木の枝が置かれていたという。死後数日が経っているとみられる。

 県警によると、山田さんは今月中旬ごろから連絡が取れなくなり、同23日に家族が竜ケ崎署に捜索願を出していた。

 現場はJR常磐線佐貫駅から東へ約4・5キロの田園地帯。